2012年09月

飛び込んでみた




アトモスの口の光の中に、新しいメガネはなかった。 続きを読む

ギラード・ドラクト一等甲兵のお話

「ガレマール帝国は、モードゥナ地方に飛空戦艦をバンバン飛ばして、部隊を集結させているらしいよ。近々、大きな戦いが起こるんじゃないかって噂さ。」

来月になったらパッチ1.23cが来るのかしら。

続きを読む

最後の青空


最近ちょくちょく呼ばれるハムレット防衛戦!
自分の刻印もまだまだだけどお手伝いが多いです。


空は… 快晴! … 快晴?
どうやら防衛戦時のみみられる空のようです。



比較。 続きを読む

拾われていそうで拾われていない新生情報

人の歴史は、繁栄の時代「星暦」と、衰亡の時代「霊災」の繰り返しであるという。 そして今、世界は七度目の衰亡の時代、 すなわち「第七霊災」を迎えようとしている。
(WHAT IS FINAL FANTASY XIV? より)

最近あんまりプレイしてないのは飽きたからじゃないよ。たけおです。
いやほんとに… 姉が… いやそうじゃなくて、仕事のサイクルが不定期なのでバランス保ててないのですよ。


さて本題。
TGS2012トレーラーも発表されて、ますます期待が高まってきている新生エオルゼア。

これまで、吉Pインタビューの抜粋などを紹介してきました。
ネット発のもの(レターLIVEとか)は私より早く詳しくまとめる人がいるのでそちらにお任せしてるんですが、主に設定面でそれほど拾われていないなぁ、というところがあったので軽くご紹介。

<ベストコミュニティー賞>
実機動画が公開されたことで大きな話題となったGamescom 2012。
そこで、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」はベストコミュニティー賞を受賞していたんだそうです。(9月6日発表)

Destructoidの記事によると2位の3倍以上の得票での受賞だそうです。
全文の自動翻訳結果は以下にたたみます。

検討のために添加される、さらにゲームのための投票や、コールのほぼ一週間後、我々はgamescom 2012年から自分のコミュニティチョイス賞を明らかにする準備が整いました!そして勝者は...

ファイナルファンタジーXIVは、控え目に言えば、長く困難な歴史を持つ。普遍的な批判に2010年9月にリリースされた、スクウェア·エニックスのMMO RPGの問題を抱えても、多数の更新と少しの成功に、購読料の免除を受けた。しかし、2011年10月14日、上のスクウェア·エニックスは、彼らは、ゲー ムを再スタートすることを発表したファイナルファンタジーXIV 2.0(後に改名:リボーンレルムファイナルファンタジーXIV我々がエンジンになるかなりの変更、HUDと戦闘を見てきましたg amescomで。)非常に多くの失望したゲームとは程遠いにそれを変換するシステムは、。としてによって報告されたユーロゲーマー 、プロデューサー直樹吉田はそれでファンの信頼を"再構築するために長い時間がかかるだろうことを指摘し、先週の試合の前に障害を率直に語ったファイナルファンタジーブランド。これにもかかわらず、あなたはゲームが受信して、大挙してゲームに投票した3回にわたって次点、できるだけ多くの投票とは私たちの最後。ゲー ムの新しく改良された反復がその約束を実現する場合、時間が教えてくれますが、スクウェア·エニックスはあなたのサポートを持っているかのように、その間に、それは確かに思える。


ファイナルファンタジーXIV:リボーンRealmは冬に予定ベータ版で、今年後半にPCとP S3に向かっている。

原文は こちら


<巴術士と召喚士>
気づいている人もいると思いますが、公式サイトにのクラス・ジョブ解説にすでに加わっています。… 絵素材は先日のFF展で発表されたイラストだけですが。
解説ページから抜粋。

■巴術士
巴術と呼ばれる秘術を用い、使い魔を操るソーサラー。 南洋渡来の算術を源流とし、独特の幾何学模様「魔紋」で精神力を制御する。 数々の魔紋が描かれた魔器「魔道書」を携行しており、これに己のエーテルを 奔らせ魔法に変換する。

また、宝珠の神秘を解き明かした魔紋を用いることで、 使い魔「カーバンクル」を生み出し、使役するという。

■召喚士
焔神「イフリート」、岩神「タイタン」、嵐神「ガルーダ」…これら蛮族勢力が呼び降ろした「蛮神」と呼ばれる存在は、エオルゼア諸都市にとって大いなる脅威となっている。

だが、太古の昔には、呼び降ろされた「蛮神」の力を奪い、性質を変容させることで、使い魔として使役する者たちがいた。人は彼らを「異形の獣を召喚する者」、「召喚士」と呼んだが、その存在は今や忘れ去られて久しい。


本を操るクラスなのだとしたら、ヤヤケさんならあっという間に習得しそうですね。
本を読めればいいって訳じゃないか。

<都市と地域>
グリダニアの項から抜粋。

■グリダニア
アルデナード小大陸の東部、うっ蒼とした森林地帯"黒衣森(こくえのもり)"を領する田園都市国家。 内部を流れる無数の運河に面して作られた水車と巨大な木造建築物によって街並が形成される。


すんません、ついこの間まで「こくいもり」だと思ってました。

■モーグリ族
黒衣の森に棲まう愛くるしい姿の森の民"モーグリ族"。苦難にあえぐ人々を前にしたとき、ある一匹のモーグリが、森を飛び立つことになるだろう。彼らの言葉を、遠く離れた人々に届けるために。やがてモーグリは、新たな役割に目覚めることになるのだ。
(エオルゼアの世界観 より抜粋)


なにげに、デリバリーモーグリをにおわせる文章がありました(笑)。


とまぁ、情報が少ないとはいえ、いろいろと基本情報が詰まっている公式サイト。
時々チェックしてみたら、思わぬ新情報が転がってるかもしれませんね。 続きを読む

流行っていそうなので試してみた


私がダラガブを止めてみせる!


止めるんだったら!届かないよ!? 続きを読む
記事検索
プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ